ダイズ芽エキス

ダイズの胚芽には高濃度のポリアミンが含まれています。ポリアミンは特に人の皮膚に多く含まれていることから、皮膚の形成に関与し、紫外線から皮膚を保護していると考えられています。

【由来原料】ダイズ
【配合目的】保湿剤
【産地】カナダ

メドウファーム油

肌につけるとこくがあり、塗った後はさっぱりした感触が得られます。保湿剤、油剤として使われます。柔軟効果に優れ、また皮膚の上に保水膜を作り、水分を保持し、蒸発を防ぎます。

【由来原料】メドフォーム
【配合目的】エモリエント剤
【産地】アメリカ

アンズ核油

アプリコットの種子を低温圧搾して得られた油が、アプリコットカーネルオイルです。さらさらとしたテクスチャーでオレイン酸、リノール酸、ビタミンA,ビタミンB,ビタミンEを含む色素の液体です。肌(角質)への透過性が高く肌を柔らかくするので、スキンオイルやマッサージオイルなどに使われています。

【由来原料】アンズ 
【配合目的】エモリエント剤
【産地】地中海、中東、インド、パキスタン、極東、アメリカ

カニナバラ果実油

ローズヒップの種子から得られる油で、成分としてはリノール酸、リノレン酸を多く含み、日焼けによる色素沈着を沈静化する働きや肌の働きを高める効果が期待できます。また、加齢による皮膚の老化を抑制する効果もあるといわれています。

【由来原料】ローズヒップ
【配合目的】エモリエント剤 
【産地】チリ