リン酸L-アスコルビルマグネシウム(D)

水溶性で不安定なアスコルビン酸を水溶性で安定な誘導体にしたもの。強い抗酸化作用があり、メラニン色素の生成を抑えて、日焼けによるシミやソバカスを防ぐ。生体内の酵素により、活性型のアスコルビン酸に変わることで美白作用を発揮。

 

【由来原料】植物、鉱物
【配合目的】有効成分 
【産地】非開示

レシチン

大豆から得られる両親媒性を持つ界面活性剤です。乳化剤や皮膚コンディショニング剤としてクリームや乳液、化粧水などに配合されます。

 

【由来原料】大豆 
【配合目的】保湿剤、界面活性剤 
【産地】アメリカ、ブラジル、アルゼンチン、他

 

モノオレイン酸ポリグリセリル

ポリグリセリンと脂肪酸とのエステル化、またはポリグリセリンと油脂とのエステル交換反応により得られる非イオン性界面活性剤です。

 

【由来原料】ヤシ、パーム 
【配合目的】エモリエント剤 
【産地】インドネシア、 マレーシア、 フィリピン

プラセンタエキス

豚の胎盤から得られるタンパク質です。 保湿作用、皮膚細胞の活性化、美肌効果を持つ。

 

【由来原料】豚の胎盤
【配合目的】保湿剤
【産地】日本