キトサンヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド

甲殻類から抽出されたキトサンをカチオン化して髪や皮膚に吸着しやすくしてあります。キトサンは抗菌性や免疫増強作用をはじめ、さまざまな機能性を持ち優れた保湿成分として化粧品に配合されます。

【由来原料】カニ、合成
【配合目的】保湿剤
【産地】日本

エーデルワイスエキス

アルプス原産のキク科の多年草高山植物です。抗酸化作用にすぐれ、コラーゲンやヒアルロン酸の分解酵素防止作用、チロシナーゼ阻害作用、消炎・防腐・殺菌作用などが相乗的に働き、エイジングケア、ホワイトニング効果にすぐれた成分を含みます。

【由来原料】エーデルワイス
【配合目的】保湿剤
【産地】イギリス

リンゴ果実培養細胞エキス

希少品種として認定されているリンゴの果実から得られる植物幹細胞を人工培養にて増やし、得られた細胞から抽出したエキスをリポソーム化したナノ原料です。人の表皮に存在する幹細胞に栄養を与え、肌本来の再生能力を助けるアンチエイジング効果があります。

【由来原料】リンゴ
【配合目的】保湿剤
【産地】スイス

マンゴー種子油

マンゴーの種子から得られる微黄色の油脂です。主成分はステアリン酸とオレイン酸です。オレイン酸の含有量が多いため、肌への浸透性が高く、肌を保護したり、やわらかくする作用に優れています。ステアリン酸も豊富なため、古くから石けん素材として使用されています。

【由来原料】マンゴー
【配合目的】エモリエント剤
【産地】インド

ラウリルジモニウムヒドロキシプロピル加水分解ケラチン(羊毛)

毛髪や頭皮と同じケラチンタンパク質の分子状態をできるだけ壊さず、アミノ酸バランスを保持したまま抽出・精製した可溶化γケラトースに高級アルキル(C12)でカチオン化してあります。髪を保護し、ブリーチやパーマの際の傷みを防ぎます。

【由来原料】ヒツジ、合成
【配合目的】保湿剤
【産地】オーストラリア